×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワーキングプアの実態は・・・

年収が200万以下、または生活保護を受ける水準より低い収入で生活しているというひとのことをワーキングプアといいます。家賃を払うことも出来ずにネットカフェで寝泊りしている若者も目立つようになってきています。ネットカフェ難民とも呼ばれていて、全国に5000人ほどいると予想されます。地方にも広がっています。こんなに豊かな国 日本!国民総生産が世界でも第2位の経済大国 日本で働いても暮らせない人が増えているのはどうしてでしょうか?労働派遣法が改正されて派遣や契約社員という非正社員が増えた事が原因のひとつと考えられます。専門性の高い職種だけに許されていたものが、製造業まで広がっています。終身雇用や年功序列で成り立ってきたものが、企業としては 必要なときだけ雇い、製品などがダブついたりしたときは雇わないということが出来るようになったんです。企業は高い社会保険料や年金を払わなくてよく負担が軽くなるわけです。就職したくても出来ない大学新卒者の就職率も'00〜'05には50%台にまで落ち込んだ時もありました。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ワーキングプアは負のSpiral

ワーキングプアとニートが違うのはワーキングプアは仕事をやる意欲はあるんです。事実ワーキングプアの人は仕事は食べていくためにやっているんです。でもワーキングプアの人が就いている仕事は毎日 仕事が違うし仕事があるときに派遣会社などからメールで連絡が入り、場所、内容などを通知されるというような不規則、不定期的な仕事なので安定性が全くありません。日雇い労働者なのです。ですが、それも仕事があるときはいいのですが、ある日もあれば ない日もあるのです。そうなると家賃や生活するに伴う光熱費なども払えなくなりネットカフェに泊まったり、野宿するということになってしまいます。住む所がないということは住所がないわけですから履歴書に書けないわけです。日雇いをやっている以上履歴書にかける職業に就くことは出来ないため負のスパイラルになってしまうんですね。日本はむかし「働かざるもの食うべからず」という風潮がありましたが、日本国にも国民にもワーキングプアにも浸透してきています。政府の支援も後手後手です。

これから転職を考えているのなら

専門性のない契約社員、派遣社員で一生、生活するのはなかなか難しいですよね。キャリアと言える専門性や資格を持っていない場合、景気がよくなり正規雇用が増えたとしても若くて優秀な人に取っていかれます。中途採用が増えてはいますが、「会社がつまんない」とか「会社に飽きた」という理由で転職を考えているならおすすめは出来ません。もう少し考えてみて 自分自身に目を向けて自分自身に投資してみませんか?いまの会社でスキルを磨いたり、いまから資格を取るなど。これをやってから、会社を辞めて転職するのは遅くはありません。会社勤めをやっていると嫌なことが多いです。縦横斜め人間関係、その他もろもろ事情がありますが これから長い人生 キラキラ輝いた人生を過ごすために、自分を大切にピカピカに磨いて楽しい一生にしてください☆彡

スポンサード リンク

Copyright © 2008 転職を考えている人!◆ちょっとストップしてください◆